ジャンクワードの森

[ BOOKS ]
2008-10-28

女子大生会計士の事件簿1〜3

女子大生会計士の事件簿シリーズは「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の作者である、山田真哉氏の著書で、以前から気になっていた本ですが、昨日会社帰りによったブックオフで見かけたので衝動買いしてしまいました。 衝動買いした要因としては、珍しく3巻も揃っていたこともありますが、1冊105円というロープライスだったのも大きく影響しています(笑)

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2008-10-15

檸檬のころ 豊島ミホ著

懐かしくもあり、切なくもある高校時代を描いていて、ほんとタイトル通り「檸檬」の酸っぱさ(甘くないところがポイント)を感じる小説です。 何かカタルシスを得るわけでもなく、大きな盛り上がりもあるわけではないですが、淡々と普通の高校生活を描いていることに共感を覚えますね。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-10-11

2008年読んだ本たち その10

前回の整理からほぼ1ヶ月が経過したのですが、もう10冊を超えていたので、整理しました。。 たぶん、上下巻になった作品が3つあったので読書が進んだのだと思います(笑)
続きを読む "2008年読んだ本たち その10"

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-10-08

犯人に告ぐを読んだ、観た

9月23日に入手して、すぐ読み始めて、やっぱり面白かったので勢いで映画(DVD)も観てしまいました。 犯人に告ぐの作者はクローズド・ノートを書いた雫井脩介さんなんですが、この作品はクローズド・ノートの淡い雰囲気とはガラッと変わって、犯人を追いつめていく刑事を描いたサスペンス系になります。
続きを読む "犯人に告ぐを読んだ、観た"

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-09-30

帚木蓬生さんの作品が平積みに・・・

最近多くの書店で、写真のような帚木蓬生さんの作品の平積みコーナーを目にします。特に「閉鎖病棟」は写真の書店以外でも手書きポップが入り、各書店のお勧めになっていることがわかります。 自分も閉鎖病棟だけでなく、ここにある臓器農場、安楽病棟も読ませてもらって、家族のこと将来のことを真剣に考えさせられたので、お勧めできる作家だと思います(タイトルがちょっと怖いですが)。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-09-26

Amazonから松岡圭祐さんの著書の紹介メールがきた

Amazonのサイトをでログインした状態で閲覧すると過去に購入もしくは検索したものに関連する「お勧め商品」が表示されるのは知っていましたが、今日はメールでお勧め商品が届きました。 しかもAmazonのサイトに表示されている内容そのままではなく、作家名指定というかなりのピンポイント攻撃です。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-09-24

2008年9月23日入手の5冊

ビジネス書を読む機会が減っている(意図的に減らしている)ので、やたらと消化率が上がっている読書なんですが、ストックが切れたので慌てて入手してきました。 しかも、給料日前の買い物なので全部BOOK

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-09-13

2008年読んだ本たち その9

思ったよりも読み終わった本が山積みになっていたので、整理しました。 2008年読んだ本たち その9はこの11冊!です。短めの文庫が多かったにしろ多いな。。
続きを読む "2008年読んだ本たち その9"

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-08-29

ひとり暮らしのラク家事BOOK

別に今からひとり暮らしをする訳ではないですが、電車で横になった女の子(年齢は推測しません)が読んでいたので、こんな本まであるんだな〜と思っただけです。 こういうのって、一子相伝、、じゃなった親から何となく受け継ぐものだと思っていたのですが、マニュアル化(=一般的なもの)にしたほうが安心なんですかね。

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-08-24

近所のブックオフでまたまた小説入手・・・

まだ読みきれていない本が山積みになっているにもかかわらず、ついついブックオフに行ってしまい、懲りずに小説を購入してしまいました。。。 そして、今回購入したのはこの6冊です
続きを読む "近所のブックオフでまたまた小説入手・・・"

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-08-16

2008年読んだ本たち その8

夏休みに入ったので、ちょっと早めですが整理しました。 2008年読んだ本たちその8はこの9冊
続きを読む "2008年読んだ本たち その8"

Posted by yuji at Saturday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-08-14

偽善エコロジー 武田邦彦著

会社の事業関連で「エコ」をキーワードにした展開案が出ていたので、少し勉強しようと思い読んでみたのですが、今までの常識(著者的には刷り込みかな)が思いっきり嘘だったのに驚かされました。 どれくらい驚いたかは、見出しの一部を見ていただくだけでわかると思います(気まぐれにピックアップしました)。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [3] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-08-07

まんがで読破シリーズの 「変身」を読んでみた

まんがで読破シリーズはもう一度小説で読むにはしんどい名作が多くあって、前々からなっていたのですが、昨日本屋で見つけたの1冊買ってみました。 それがカフカの「変身」です。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-08-04

[気になる本]そうだ、葉っぱを売ろう!

いつもは、読んだ本の紹介ばかりしていますが、この本は多分普通に買いに行くと見つけるのが難しいと思うので、完全に自分の備忘録として書いておくので、扱いは[気になる本]です。 「そうだ、葉っぱを売ろう!」はある田舎の町で山や畑に生えている葉っぱを使ったビジネスを構築した人たちの物語なんですが、どうも勢いだけじゃない何かがありそうなのが気になるポイントです。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-08-01

日本数寄 松岡正剛著

一言で書くと日本文化の再編集、再編纂を行った書。となるのですが、そんな一言ではまとめきれないほどの内容の充実さです。
続きを読む "日本数寄 松岡正剛著"

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-07-30

eBookJapanの「北京五輪種目スポーツコミック特集」が良い

北京オリンピックも開幕が近づき、徐々に盛り上がりつつ、便乗的な商売もちらほら、、いや各家電量販店などは大々的に行われていますが、電子書籍を販売しているeBookJapanでは「北京五輪種目スポーツコミック特集」というのを行っています。 北京五輪種目スポーツコミック特集
続きを読む "eBookJapanの「北京五輪種目スポーツコミック特集」が良い"

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-07-29

プレジデント 年収2000万円のプレゼン術

今発売されている、プレジデント2008/8/18号の特集が「年収2000万円のプレゼン術」です。 プレゼンの部分は年収2000万円の人々ではなく、一流企業の社長のプレゼンに対する思い入れの記事で構成されていて、ひとつひとつがぐさっとくる内容でした。
続きを読む "プレジデント 年収2000万円のプレゼン術"

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-07-21

2008年読んだ本たち その7

週末にイベントが重なってしまったため、まとまが遅くなりましたが、2008年読んだ本たちその7はこの14冊 ナ・バ・テア
続きを読む "2008年読んだ本たち その7"

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-07-19

グロテスク 桐野夏生著

桐野さんらしく、女性を主人公にした作品なんですが、実際に起きたとある事件(一応伏せておきます)をモチーフにしているせいか、いつもの女性の強さが少なくて女性の弱さ、脆さ、儚さみたいなものが全面に出ていた印象がありました。 でも本書で表現されているこの弱さ、脆さ、儚さは誰もが持つもの類の物でなく、周囲の目を過剰に意識してしまうタイプの怯えの上に成り立つものです。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-07-09

ナツイチと○○の100冊

(社会人になると感覚を失う)夏休みを前に角川文庫、新潮文庫、集英社文庫がお勧め本をまとめた小冊子を出していました。 角川文庫が松山ケンイチ、集英社が蒼井優を起用していますが、新潮文庫だけは自社キャラのYonda?パンダで押しているのが印象的です。
続きを読む "ナツイチと○○の100冊"

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [2] | Track Back [2]

[ BOOKS ]
2008-07-01

月刊アスキー 2008年8月号

前の週刊東洋経済の6/28特大号に続き、雑誌その2です(笑) その2は最近傾向が変わったように感じていた、月刊アスキー
続きを読む "月刊アスキー 2008年8月号"

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-07-01

週刊東洋経済の6/28特大号

最近は情報収集は新聞とネットが中心になっていて、雑誌はほとんど購入していなかった(コンビニで立ち読みは習慣になっています)のですが、友人の薦めで久方ぶりに雑誌を購入しました。 それが、週刊東洋経済の6/28特大号。
続きを読む "週刊東洋経済の6/28特大号"

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-06-30

東京国際ブックフェア

出版社関連のサイトを巡回していたら、筑摩書房のトップページで「東京国際ブックフェアに出展」というものを発見。
続きを読む "東京国際ブックフェア"

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-06-29

大停電の夜に

「カフーを待ちわびて」を読んで、感想を書いて改めてラブストーリーもいいなと思い引っ張り出してきたのが、この「大停電の夜に」です。 クリスマスイヴの夜に停電になることによって、それまで抱えていた秘密をそれぞれ打ち明けていくストーリーですが、『停電=暗い』という状況で素直になっていく登場人物の変化が非常に心を暖かくしてくれます。
続きを読む "大停電の夜に"

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-06-28

カフーを待ちわびて 原田マハ著

カフーを待ちわびては「第1回ラブストーリー大賞受賞作品」ということなので、普段好んで読んでいる傾向とは違うのですが、友人の勧めで読んでみました。 ラブストーリー大賞の応募作品なので、ある程度設定等に狙った感は確かにありますが、全編を通して伝わってくるのは、主人公明青の痛いまでの純粋さ。ただ、甘ったるいだけの純粋さではなく誰もが経験する純粋が故の頑なさを持ち合せているのがポイントです。
続きを読む "カフーを待ちわびて 原田マハ著"

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-27

名作の装丁変更シリーズ、今度は荒木飛呂彦&浅田弘幸(小畑健も)

太宰治の「人間失格」にDETH NOTEの小畑健を起用した集英社が今度は「伊豆の踊子×荒木飛呂彦」「地獄変×小畑健」「こころ×小畑健」「汚れつちまつた悲しみに……×浅田弘幸」と一気に4冊発売されました。
続きを読む "名作の装丁変更シリーズ、今度は荒木飛呂彦&浅田弘幸(小畑健も)"

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-24

小説「スカイ・クロラ」が西尾鉄也さんのイラストで登場

「映画化→特別装丁版」というルーティンが当然になってきた感がありますが、今年の8月に公開される「スカイ・クロラ」でも同じ事が起きてます。 しかも、5冊並べると小説に登場する戦闘機『散香』をバックに主要な登場人物8人が並ぶ1枚の絵になります。どれが誰っていうのは小説&映画を見てのお楽しみとして、ここまでやるかって感じです。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-23

学生が読むべき50冊

東海大学湘南キャンパスで古今東西の名作から大学生の読むべき50冊を選ぶというシンポジウムが行われたらしいです。 元ネタ

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [3] |

[ BOOKS ]
2008-06-21

オシムの言葉 文庫化

ハードカバーを読んで、レビューも書いた「オシムの言葉」が文庫版になって発売されました。 「オシムの言葉」は発売が2005年12月ですから、もう2年半経つんですね、、、でも間違いなく今読んでも熱い本だと思いますから、ハードカバーを躊躇した人たちもしっかり買って読んだ方が良いと思います。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-21

DIVE!! の装丁が凄いことになってます

先週末映画が公開になっている森絵都原作の「DIVE!!」ですが、現在店頭に並んでいる文庫の装丁がこんな事になっています。。。 全部で6冊ありますが、「DIVE!!」は上巻・下巻の2冊セットなので、装丁違いで3種類存在することになります。実はこの他に映画化前の通常版と映画化記念のイメージが描かれたものがあるので、確認しただけで5種類もあります。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-15

2008年読んだ本たち その6

ビジネス関連がリンクシェアの大見本市で貰った「本気で稼ぐアフィリエイト」しかないのが寂しいですが、ビジネス関連は書籍ではなく、イベントや勉強会などリアルな所でやっているので、バランスとしては良い感じです。 空の色紙

Posted by yuji at Sunday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-10

田島昭宇がカバーを描いた人間椅子

週末たまたま行った書店の店頭で発見したので、思わず衝動買い(ある意味ジャケ買い)してしまいました。 名作のカバーを変えて販売すると言えば、「DEATH

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-06-02

クレイジーヘヴンと腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

どちらも、丁寧に織り込まれた伏線はないですが、スピード感がある2冊。 そして、どちらもハッピーエンドでもなく、バッドエンドでもない曖昧な終わり方。。。登場人物の背景などはまったく違う様相なんですが、なぜか共通項を多く感じた作品でした。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2008-05-30

誰かに教えたくなる「社名」の由来―新進企業と老舗企業

サントリーのところで、社名の由来についてちょっと考えていたら、ホームにある文庫の自動販売機に『誰かに教えたくなる「社名」の由来』という本を発見しました。 こういった本あるんですね
続きを読む "誰かに教えたくなる「社名」の由来―新進企業と老舗企業"

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-05-25

2008年読んだ本たち その5

なんか、ビジネス関連の本を読む機会が少なくなっている感じがしますが、この辺はある種の波みたいな物なので、成り行きに任せてます。 それにしても、作家のメンツが相変わらずだな(笑)

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-05-19

千里眼シンガポール・フライヤー(上)(下) 松岡圭祐著

以前に一度市街地をF1で疾走したことのある岬美由紀さんですが、今回は本当にF1に参戦してしまいます。なので、下巻の表紙はこんな感じ。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-05-12

久しぶりにぐっときた言葉

それは、つい最近読み終わった安達千夏さんの「あなたがほしい」の後半に、書かれているこの言葉 突き放したものの見方は、あとで自分が傷つかないようにするための防御。自己中心的であるかのような物言いは、人一倍感じ易かった子供時代の強がりの名残り。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-05-08

ヘウレーカ 岩明均著

ヒストリエ同様、紀元前のローマ付近のことを史実に基づき、アレンジを加えた作品です。ただし、ヒストリエより時代は少し前。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-05-02

黒猫の三角 原作/森博嗣 皇なつき/画

V seriesの最初の作品である「黒猫の三角」のコミック版です。

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-04-26

2008年読んだ本たち その4

その3の文庫編に続き、その4はノベルズとビジネス書です 今年はなぜかビジネス関連の書籍が少ない感じなので、少し増やしていかないと・・・と思っていたり、いなかったり(笑)

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-04-26

2008年読んだ本たち その3

月1ぐらいではまとめたかったのですが、結局2ヶ月に1回の更新になっていますorz 結構溜まってしまったので、2度に分けますが、その3は文庫編です。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-04-24

劫尽童女 恩田陸著

設定は良い、キャラも面白い、なのになぜか終わり方がしっくりこない。 時間軸のズレについていけない所もありますが、前半に用意した伏線が多すぎ、大きすぎで後半に使い切れていないところが最大の要因ですかね。。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-04-23

思考の補助線 茂木健一郎著

思考の補助線のイメージはできる。 でも、この著書からだと帯にあるようにあ、わかったとはスムーズにいかなかった。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [1] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-04-21

安楽病棟 帚木 蓬生著

安楽病棟はミステリー小説の体を取っているので、最後には誰が犯人で、どういった方法で殺害をしたのかが語られますが、そのウエイトは大きくはありません。 犯人捜しやトリックが問題になる普通のミステリー小説とは違い、老人医療、、老人介護、終末期医療、安楽死、といったこれからの日本が間違いなく直面していく医療について考えさせられる小説です。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [1] | Track Back [7]

[ BOOKS ]
2008-04-17

「MediaMarker」の使い勝手が良い件

先日から使い始めた「MediaMarker」ですが、未読→読み中→読了の変更がワンクリックで簡単にできることがお気に入りポイントになっています。 さすがに最初の登録は大変ですが、その後の管理が簡単なのは継続性に大きく繋がると思います。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-04-14

「MediaMarker」で本の管理を始めます

本の管理は悩みの種だったのですが、最近MediaMarkerというサイトを知ったので、当面はこのサイトを使って本の管理をしたいと思います。 MediaMarkerは、本の他にもブログや音楽、DVDといったメディアの管理を目的としたサイトで、登録したもののステータス(状態)を簡単に管理することができます。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-04-09

追憶のかけら 貫井徳郎著

久しぶりに貫井さんの作品を読みました。といっても最新刊ではなく以前から気になっていたものです(初版2004年7月で今回読んだのはノベライズ版で2006年12月発売)。 現実の話と、ある作家の書いた「手記」の2軸で展開していきますが、手記の入手の問題、手記と現代の関係性、現代での主人公の立場がうまく絡んで物語を複雑にしていきます。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-04-02

沼正三の「禁じられた青春」は歴史書として読むのがいいかも

「禁じられた青春」は1926年福岡生まれの作者沼正三の(諸説ありますが、ここではそれは触れず表記されている記述より)少年時代から青年への成長の記録であり、それと同時に戦前、戦中、戦後と激しく流れていった昭和の記録でもあります。 文体やその内容は真面目に書かれていて、家畜人ヤプーのイメージとはかなり違っていますが、悪いことはなく言い意味で裏切られた感があります。ただ描写の細かさ、バックグラウンドの調査の緻密さはそのままなので、記録物としての深さが感じられます。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-03-14

2007年に読んだ中でのお勧めの本

3月も中盤になっているのに、今更という感じですがちょっと背中を押されるようなことがあったので、昨年読んだ本の中からおすすめ本をピックアップしてみました。 昨年は小説と同じくらいビジネス書も読んだので、結構迷いましたがそれぞれのカテゴリーから1冊づつピックアップします(もっと沢山良い本はありますよ)。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2008-03-08

猫本特集コーナー

猫の日(2月22日)からは大分経っているのですが、今日行った書店ではこんな猫本特集コーナーが作られていました。 猫オーナー歴の長い自分にとって、改めて猫の本なんて、、、という思いもありますが、たまに他の猫をみるのもいいもので、何気に癒されます(多分いいところしか見ないからだと思いますけど)。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-03-02

プレゼンの極意を盗め!

研修に絡んで(社長の中で)プレゼンブームがおきていて、指導的役割を任命されそうなので、勉強のために入手したい本です。 プレゼンの極意を盗め!―スライド・動画・アニメなどナマ資料DVD付戸田

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-02-26

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉読了

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-02-25

2008年読んだ本たち その2

その2はビジネス書編で7冊。ビジネス書も何冊か旅に出ていますが、それは置いておきます(笑) 夢中の法則

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-02-25

2008年読んだ本たち その1

気がつけばもう2月も終りそうな時期にきていますが、昨年同様読んだ本の整理を行います。 ちょっと期間が空いたので、まずは小説編としてこの11冊。もう少し読んではいますが貸し出してしまっているので、手元にあるものだけを撮影&記録。他は帰ってきた時点で追加します。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-02-16

自作パソコンが初心者でもカンペキに作れる!究極マスター 購入

SoldamのSTAJA Rhapsodyを買ったのはいいですが、HDDの追加や光学ドライブの交換などはやったことはありますが、自作は初体験なのでちょっと不安になったため書籍を購入しました。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
[ BOOKS ]
2008-02-13

勝間和代さんが選んだ良書50冊

先週購入した、週刊ダイヤモンド 2008年
続きを読む "勝間和代さんが選んだ良書50冊"

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-02-12

時間管理に関する書籍

何気なく手にして購入したところ、根本的に言っていることが同じ内容だった書籍2冊。 「残業ゼロ」の仕事力吉越

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2008-02-06

物語の体操 大塚英志著

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で有名な山田真哉氏の近著である「女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント」の後書きで山田氏が物語の体操を読んで本を書いたという解説を大塚英志氏が書いていたのを読んで、持っていたことを思い出した本です。 物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-02-06

週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号

お金は銀行に預けるな、無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法、無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法などの著書が有名な勝間和代さんの特集

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-01-25

死因不明社会 海棠尊著

ブルーバックスだし、医療を扱っているので専門的な用語や言い回しは確かにありますが(一部画像も)、奇数章にある白鳥室長(架空の人物)のインタビューでは問題部分を噛み砕いて説明されているので、わかりやすいです。 解剖率2%台というキーワードが走りすぎている感じを受けますが、全体を通して死というものと医療というものの関係性を改めて考えさせれました。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-01-23

暗号解読(上)(下) サイモン・シン著

暗号の歴史は戦争の歴史。 暗号解読の可否がここまで、戦争に影響を与えていたとは知りませんでした。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2008-01-16

TOKYO CACE1 東京事件

大塚英志原作ってだけで衝動的に購入してしまいましたが、流石終わらない昭和を語るだけあって昭和の事件をうまく扱っています。 話的には普通ではあり得ない能力(時間を止めるとか念写とか)を駆使した刑事たちが歴史的な事件に挑むちょっとした空想劇です。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2008-01-02

漫画大整理大会

数年間整理を先送りにしていて漫画を思い切って整理しました。 対象になったのはこの辺。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-12-27

今年読んだ著者ベスト10

このブログで書いた全8回の計116冊の中で、よく読んだ著者のベスト10をまとめました。 対象のエントリーはこちら

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [5]

[ BOOKS ]
2007-12-27

Emma -エマ- 森薫著

ジュンク堂で見かけて何気に気になってしまった漫画です。 取りあえず1巻を入手しましたが、これが結構面白い。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-12-27

今年読んだ本たち その7

新書とか、ビジネス書も読んだのですが、会社に置きっぱなしだったり貸したりしているので、撮れてません。 最近は読む作家が決まってきている傾向にあったので、チーム・バチスタの栄光を読めたのは当たりでした(あれだけ宣伝されれば発掘とは言えないですが)。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-12-26

ファイブ 平山譲著

個性的な選手、監督と劇的な展開はフィクションのようですが、これは紛れもないノンフィクションです。 バスケットボールをそして佐古賢一選手(外山、後藤、佐藤選手、鈴木監督でもOK)を知っていればよりいっそう感動できると思いますが、そうじゃなくても充分に感動できると思います。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-12-21

絶望に効くクスリ Vol.11

前から気にはなっていたのですが、非属の才能を読んだ勢いで購入。 Vol.11の登場人物は次の9名

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-12-20

キラリ☆と輝く おしゃれな年賀状 2008

キラリ☆と輝く おしゃれな年賀状2008

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-12-19

非属の才能 山田玲司著

属さなきゃいけないから、属さなくてもいいへ 今年結構な量の本を読読んだつもりです、ナンバーワンのお勧めです。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-12-17

少し変わった子あります 森博嗣著

いつもの森さんとは違った切り口の本です。 ストーリーはシンプルで、ある大学の教授が知り合いから教えてもらったお店で食事をするだけ。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-12-15

チーム・バチスタの栄光 海堂 尊著

以前から気にはなっていたのですが、文庫化になったタイミングで購入し、一気に読みました。 医療事故を扱っているので、偏るかなと思っていましたが、そんなことはなくどちらかというと「心理戦」の様相になっています。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-12-13

蒼い瞳のニュアージュ 松岡圭祐著

WOWOWドラマ「蒼い瞳のニュアージュ」の後に一気に読みました。 (意図的に後にしました)

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-12-04

もやしもん

深夜アニメの初回を偶然見てからじわりとはまっている漫画です。 菌が見えるという発想も面白いですが、菌について色々と説明されていて何気に勉強になります(特にお酒に関して)。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-11-12

千里眼美由紀の正体 上・下 松岡圭祐著

いつも以上にド派手な戦闘シーンがありますが、今回の見物は「あの岬美由紀の驚愕の過去」が明らかになるところ。 角川移籍後のシリーズでは岬美由紀の「弱さ」が強調されていた感じがありましたが、すべてはここへの流れだったようです。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-11-09

スタバではグランデを買え! 吉本 佳生著

「はじめに」で全て言い尽くしてしまった感がある。 そして、題名以上の深いことがなかったのも残念。

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-11-06

ウェブ時代をゆく 本日発売

まだ買っていませんが、自分の備忘録として。 ウェブ進化論から約1年半経っていて、時代も状況変わった中、何が書かれているか非常に気になります。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-11-03

今年読んだ本たち その6

相変わらず、森博嗣さんの本が中心となった構成です。あとは桐野夏生さんも一気に読んだ感じがします。 ビジネス関連はもう少し読んだのですが、人に貸したり、会社に置きっぱなしのため撮ることができず、、、それは次回にまわします。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-10-30

上司は思いつきでものを言う 橋本治 著

なぜ思いつきで言ってしまうのか、がわかります。 上司に対する「対応策」として読むだけなく、自分が「言わないようにする」ために読むのもありかなと。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-10-28

バーテンダー

先日、バーで飲んだときに友人から「お酒の知識をどこで仕入れるの?」と問われました。 某ホテルで仕事をしていたので、そのときに仕入れたものも多々ありますが、最近は主にこのマンガから大元を仕入れて、ネットで広げたりしています。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-10-15

やる気は「有限」のようだ

体育会系だったからではないが、誤解していました。 人間の「やる気」は無尽蔵に沸いてくるのではなく、限りがあるそうです。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-10-11

佐藤可士和の超整理術 佐藤可士和著

超整理術と聞いて、テレビで時々映るあの整理整頓の行き届いた事務所の整理について語られているのかと思いましたが、それだけではありませんでした。 カテゴリーとしては次の3点

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2007-09-30

挑戦-日本郵政が目指すもの 西川善文著

タイムリーなネタということで・・・ 明日、10月1日に民営化を向かえる日本郵政公社の総裁であり、日本郵政株式会社の初代代表取締役になる、西川善文氏による、日本郵政のことについての著書です。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [26]

[ BOOKS ]
2007-09-24

今年読んだ本たち その5

夏休みに本を大量に仕入れたため、割と多くの本を読んだように思えます。 あと、シリーズ物が入ると加速する感はありますね。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [4]

[ BOOKS ]
2007-09-02

絶望に効くクスリ 1巻から7巻までGET

前のエントリーにあるように最近気になっていて、ちょこちょこ探していた「絶望に効くクスリ」を発見したので、一気に7巻GETしました。 (現在、10巻まででているので、コンプリートではありませんが・・・)

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-08-30

アマゾンのマイページが絶望に占領された

今日、アマゾンにアクセスしたところ、マイページの表示がこんな感じに・・・ ※クリックすると拡大されます。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-08-22

今年読んだ本たち その4(ビジネス編)

ビジネス編のつもりでいましたが、本の形式でわけて写真を撮ってしまったために、一部小説も入っています。 ので、正確には文庫、ノベルズ以外の本。主に新書編となります。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-08-21

今年読んだ本たち その4(小説編)

ちょっと間が空いてしまいましたが、夏休み中にやっと整理したので、エントリーします。 思った以上に量が多いため、小説編とビジネス編と分けます。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-07-30

ヒストリエが気になる

多分、知っている人にとっては今更な感じなんでしょうが、なぜか最近知ったのでちょっと気になっています。(現在4巻も発売されています) 気になる最大の理由は、作者があの「寄生獣」「七夕の国」の岩明均さんということ。
続きを読む "ヒストリエが気になる"

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-06-18

評伝 シャア・アズナブル(上)(下) 読了

素直な感想 シャアは思ったより「揺れる心」を持っていた。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-06-04

物語消費論 大塚英志著

1989年刊行のものを焼き直した作品なので、88〜89年の市場を相手にした中での消費論となっています(補として89〜94年もあり) 年数だけを見ると、古く感じますが、この当時のターゲットは(も)団塊世代と団塊ジュニア。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-05-25

PLANNING HACKS!

仕事で企画書を書くことはほとんどないのですが、システムをやるにしろなんにしろアイデアを持っていること、出せることは重要だと感じているので、ついつい気になってしまいます。 この本は割とライトに書かれているので、頭には入りやすいので「やれそう」な気にはさせてくれます。

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-05-21

包帯クラブ 天童 荒太著

題名と天童荒太著ということで、飛びついてしまった&一気に読んでしまいました。 読んだ感想は、爽快感というか、自分の傷が癒された感じになりつつ、でも題材の重たさに深く考えることになる複雑な感じです。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-05-13

評伝 シャア・アズナブル

とある人(ガンダムを意外と知っている女性)には止められましたが、やはりガンダム世代にとってある種憧れのあるシャアの評伝は気になるので、勢いで買ってしまいました。 ブックオフだけど・・・(笑)

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-05-13

フューチャリスト宣言、一応読了

一応とあるのは、最後にも書いたけど何度か読む必要を感じているからです。 やはり今話題の2人の対談だけあって、内容が濃くうなずく言葉が多かった。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2007-05-06

今年読んだ本たち その3

前回、会社置きと鞄の中の本は書いたのですが、ほぼ同じ時期に読んでいて家にあった本です。なので、カウントは「3」で。 確認する前に間違って(?)本の整理をしてしまったので、漏れがあるような気もしますが、冊数的にはこんなもんかなと思います。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2007-04-25

会社置き&鞄の中の本

週末にまとめようよ思ったのですが、仕事に関する本が会社に置きっぱなしだったので、分けてエントリー。 会社ということで、回りの目があるため撮影はなし(汚すぎとも言えるけど)

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-03-19

今年読んだ本たち その2

前回に続き今年ここまで読んだ本のまとめ。 まどろみ消去―MISSING

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [1] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-03-13

家入一真社長の「こんな僕でも社長になれた」購入

なんか、本ネタが続いてんな・・・ 先月26日に発売されていて、早速買おうと思っていたのですが、なぜか会社の近所や自宅付近で見つけることができず、先送りになってた「こんな僕でも社長になれた」を昨日やっと買うことができました。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-03-06

Web関連書籍一気買い(経費で)

いわゆる決算のため、予算がゆるくなったので、前々から気になっていたWeb関連の書籍を一気に買ってみました。購入金額は締めて14,949円!! Web関連の書籍は数年前と比べものにならないくらい多く発売されていて、しかも多方面(デザイン、ブランディング、解析、etc)になっているため、個人では追いつきませんorz

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2007-03-05

ウェブ進化論、返却される

社内でだいぶ旅をしていた「ウェブ進化論」が返却されました。 まあだから何だってことはないんですが、ウェブ進化論発売以降、ウェブ進化論以降とか、ウェブ進化論では語れない、など関連した内容の記事や書籍もでているなか、もう一度読み直したかったので自分的には待望の返却です(笑)

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-02-23

月刊少年ジャンプが休刊

Quoted from:

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [7]

[ BOOKS ]
2007-02-19

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

今更な感じですが、最近「新書」づいていて、元々気になっていたので、タイトルをみてつい買ってしまいました。 題名だけだとなんの本なのかわかりませんが、サブタイトルにある通り「会計」について書かれた本です。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2007-02-12

今年読んだ本たち

今年はいつもより本を読もうと決めていて、定期的に整理しなきゃと思っていたのですが、予想以上にドタバタしてしまい、この3連休でやっと落ち着いて整理ができました。 ※仕事ではアウトプットが求められそうなので、意識的にインプットの量を増やそうかなと。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-01-30

千里眼3部作、読破中

先日、待ち合わせをした本屋で(この辺が本好きの悲しい習性?)衝動買いしたのが、角川文庫から発売された、千里眼新シリーズ3部作です。 今まで小学館文庫オンリーだったのになぜ角川?

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2007-01-03

B・B(WIDE版)一機読み。ただし11巻/16巻

昨年から今年の年末年始は少し本でも読もうと考えていたところ、年末にとある古本屋で1巻から6巻が1冊、50円だったのを発見して、衝動買いをしたのが20数年前に少年サンデーで連載されていた、石渡治氏のB・B(burning blood)です。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-12-13

短編続き

久しぶりに本の話ですが、最近読んだ「続・垂里冴子のお見合いと推理」「愛逢い月」が偶然にも短編だったというだけです(笑) 両書とも著者名だけの勢い買いだったので、内容をよく確認しなかったのが要因です。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [2]

[ BOOKS ]
2006-12-05

書籍、年間ベストセラー発表。1位は「国家の品格」

書籍取次大手のトーハンが5日、06年の年間ベストセラーを発表しました。単行本、新書などを合わせた総合部門は1位「国家の品格」(藤原正彦著) 2位以下は次のとおり。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [5]

[ BOOKS ]
2006-11-08

「食」から広がる美味しいライフスタイルを提案する「アテス」創刊

「アテス」は「食」をテーマにして、様々な角度からライフスタイルを提案していく雑誌のようです。 仕事が遅く、帰宅が10時過ぎるなんてざらなので、平日ゆっくり食事をなんて忘れていますが、生きていく上で食事は重要なファクターだということを思えば、見直した方が良いかなと思ってしまいます。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2006-10-17

10日でおぼえるPHP5 入門教室 購入

前々から勉強しようと思っていたPHPですが、この間やっと本を購入しました。 10日で・・・っていうのは眉唾というか、その時間に縛られず自分のペースで修得しようかと思います。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-10-12

ワーズ・ワード コンパクト版―絵でひく英和大図鑑

サイトトップに「Amazonおまかせリンク(TM) ベータ版」で作成したリンクでほぼ毎回登場する本です

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2006-10-06

ダメなものは、タメになる

とかく批判されがちなテレビやゲームですが、それらを見る事、やることで「頭を良くしている」のでは。という論証を試みた本です。 テレビは受動的になることが多いので微妙ですけど、ゲームに関しては考えないと進めない所が多いし、マイナスではないと思っていたので、この論証の結果は非常に気になります。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-10-01

B・B(バーニングブラッド)

なんか久しぶりに読みましたが、最近の漫画には少ない「直線的な」方向性がいい感じです。多分、言い方を変えると「昭和的」になると思いますけど・・・ ・・・やっと仕事が落ち着いたので、週末にゆっくり本(漫画も)を読めるようになりました。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2006-08-03

ブックカバーをするのは恥ずかしいから?

今週発行されている「R25」の記事の一つに「ブックカバーでアナタの心理がわかっちゃう??」というのがありました。 この中で、自分が選らんだ本を人前で読む場合、自己呈示という心理が働き、自分が読む本を呈示したければカバーを外し、呈示したくなければカバーをする。と書かれています。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [2]

[ BOOKS ]
2006-07-27

Webデザインワークフロー

仕事でサイトの構築のサポートをすることになったので、サイトで大半の情報が入手できることを知りつつも購入しました。 発行が2003年、内容のほとんどが1995年に完成していたということですが、その完成度の高さとWebの環境がこれだけ変わった今でも通用する内容に驚きです。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-07-25

日本の裏側を集めた写真集「Deep Inside」

これ、ほんと凄いです。 日本の裏側といっても、ブラジルとか南米じゃなくて日比谷の地下とか、原子炉の内部など近いけど届かない世界の写真が集まっています。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2006-07-19

ウェブサイト制作ワークフローの基礎知識

なんかWebとかけ離れた日々を送っていますが、やっぱり自分はこっち方面の仕事をしていきたいので、勉強します。 ちょうど会社のWebをリニューアルしようなんて話もでているので、こういったタイミングでアピールできれば、、、なんて野望もあったりなかったり・・・

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2006-07-04

バカを使いこなす聞き方・話し方

この内容が本物なら、切実に欲しい本です。 バカを使いこなす聞き方・話し方樋口

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-06-28

プロとして恥ずかしくないスタイルシートの大原則

スタイルシートの大原則となっているので、基礎の基礎だけかと思っていましたが、基礎の他にも「CSSでのデザイン」や「XHTML」についても触れています。 というか、そっちがメインなくらいの作りです。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2006-05-22

Web2.0

なんですが、RSSメディアビジネス、ブログ進化系、ポッドキャスティング、ロングテール、マッシュアップ・・・どれもこれも内容が濃くて、中々進みませんorz まあ、読破して何も残らないより、ひとつひとつじっくり読み(本だけじゃなく、Web上の情報も)、できそうなところは体験し、身につけていきたいなと。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2006-05-11

「国家の品格」200万部突破

「国家の品格」は非常に気になっているもかかわらず、ついつい買いそびれている本ですが、かなり売れてるんですね。 Yahoo!

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [2]

[ BOOKS ]
2006-05-07

GWの新入荷と気づいたこと

GW中に本を整理して、本棚に入りきらないことを確認したにも関わらず、出かけたついでによったBOOKOFFで新たに本を購入してしまいました。。。 購入リストはこんな感じ

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-05-04

サイコトパス 山田正紀著

GW中ですが、特に予定もなく(一応持ち帰りの仕事と、新サイトの作成はありますが)家にいることのできる時間も多いので、久しぶりに家読書をしようと思って選んだ1冊です。 だいぶ前に購入していたのですが、山田正紀さんの著書は伏線が多く集中して一気に読まないと面白みが半減するので、先送りになっていましたので、予想以上に余裕のあるこの休みは読むのにうってつけです。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-03-29

ウェブ進化論

今読んでいる途中の本がこの「ウェブ進化論">ウェブ進化論」です。最近は仕事の行きに仕事関連の書籍、帰りに小説と読み分けているので、絶対的な時間が掛かってます(笑) 最近耳にすることはが多くなっているWeb2.0にスポットをあてながら、Google、Amazonといった企業のビジネスモデルというか、スタイル、考え方をわかりやすく説明してくれています。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2006-03-08

「インターネットマガジン」が休刊に

インターネットに目覚めたころ、というか仕事でどうしてもネット関連の知識が必要になっていたころ(1997、8年ごろ)からあったので、ネット関連では古株ともいえる雑誌ですが、それでも休刊ですか---多分復活はないでしょう--- 最近でもMovable

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [1] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2006-03-06

今週の新入荷本(なんと8冊)

先週購入した本も消化し切れていないのに、また新たに本を買ってしまいましたorz まあ、Book

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2006-02-22

新入荷の5冊(笑)

久しぶりに購入した本のネタをします。・・・ネタにはしてませんが、それなりに読んでますよ。 小池真理子・・・冬の伽藍

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2006-01-06

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

話題だった「オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える」を年末に発見し、最近やっと読み終わりました。 時には辛辣に、時にはウィット富んだ発言と、その発言に注目が集まっているオシム監督の「言葉」と題されてた本なだけに、どれほど「言葉」が詰まっているか興味があったのですが、内容を一言でいうと「オシム監督が話していることのバックボーンを探る」ものでした。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [13]

[ BOOKS ]
2006-01-05

web creators2月号

最近、web creatorsの購入をしていなかったのですが現在発売されている2月号は「創刊50号記念」ということで、いつも以上に充実した内容になっていたので、思わず購入してしまいました。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-12-14

実録!少年マガジン名作漫画編集奮闘記

「巨人の星」「あしたのジョー」「愛と誠」企画立ち上げから海外売り込み行脚まで、漫画編集者の悪戦苦闘一代記! 顛末も気になりますが、「企画立ち上げ」がどんなものだったか気になります。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [2]

[ BOOKS ]
2005-12-12

ブログマガジン

ブログをまとめた書籍とか、使い方みたいなものをまとめたムックなどは色々でていますが、こんな情報誌まで発売されましたか。 ちょっとあやしげな雰囲気にちょっとそそられ・・・ません。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2005-11-16

Movable Type スーパーカスタマイズテクニック

現在行っている会社のWebサイトのリニューアルにMovable Typeを使うことが決定しました(というより強引に持っていった。)

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2005-11-10

ジョーカー -藤堂志津子著-

久々に読後に「ほろっ」としてしまう本でした。 内容は、主人公の女性(万穂子)の19歳、27歳、32歳、それぞれの時期に起きる家庭や恋愛のことで起こる葛藤などを描いたものです。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-11-01

Amazon.co.jp、書籍全文検索「なか見!検索」を開始

噂はありましたが、まさか本当にサービスを開始するとは・・・ 事前に本の中身をチェック Amazon.co.jp、書籍全文検索を開始

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-10-28

中高年、本離れ進む

読売新聞の調査によると、20〜40代、特に40代の人が本を読んでいないことがわかったようです。 確かに通勤時に読書をしている人よりもマンガを読んだり、ゲームをしたり携帯を弄ったりしている人は多いですけど、そんなもんなんですかね・・・

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-10-27

大密室

タイトルの通り、密室を扱った本です。 しかも「ミステリ作家」の枠組みに入っている8人の作家の作品&密室に対するエッセイも入った豪華版で、読み応え十分です。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-10-21

集英社文庫の新刊が熱い!

最近、時間がなくてゆっくり本の事を書いている時間がないのですが、相変わらず読書は続いていますし、蔵書(?)も順調に増えてます。 しかも調子に乗って、読みたい本を集めていくBlogも始めたため、新刊本のチェックが日常となって、本に対するアンテナがかなり敏感になってます。ただ、欲しくなっても買えないことが多いので精神衛生上はあまりよくないです。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-10-04

論理ノート

最近仕事をしていて「なんで?」と聞き返す事が多くなっています。 それもいい意味ではなく、「なんでそうなる?」的な途方にくれて聞き返すことがほとんどです。その度に突っ込んだ話をするため、仕事が滞りがちになります。(情けないですね)

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-09-25

ヒデリ? ヒドリ?

「ヒデリ」と「ヒドリ」とは、かの有名な宮沢賢治の「雨にもマケズ」の詩の一小節「ヒデリノトキハ ナミダヲナガシ」の「ヒデリ」についての解釈についてのことです。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-08-19

ビジネスブログブック (2)&(3)

第一弾が今年の始めのほうに出ていて、それは購入していたのですが、気がついたら(2)(3)と発売されていました。(最近ゆっくり本屋さんを見ていないことがバレバレです) これは早速買わないと

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-08-12

神曲法廷 −山田正紀 著−

だいぶ前に購入していたのですが、文庫にして656ページにも及ぶ大作のため、読むのを躊躇っていましたが、これから始まる夏休みの楽しみの1つとして読み始めます。 山田正紀氏らしいトリックを期待したいと思います。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-08-08

宣伝会議は定期購読が多いらしい

今日仕事の関係で、宣伝会議の人に会ったのでが、宣伝会議を含め同社の発行している書籍をあまり書店で見かけないというような話をしたとろ「大半が定期購読なので、安定してますよ」と返されました。 まあ、ラインナップ的に店頭で表紙をみて勢いで購入というものではないので、当然のかなと思います。(もっともそれはそれで悩みもあるようでしたけど)

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-08-06

ビジネスブログのつくりかた

ブログもだいぶ浸透してきて、ビジネスに色々活用しているケースが増えているようです。 「いつかは・・・」とか「時間が・・・」とか「気持ちが・・・」なんて言い訳してないでもっと勉強して、どんどん進んでいかないといけませんね。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-07-25

雑誌の定期購読

雑誌の購入先は書店だけではなく、コンビニ、キヨスク、ビックカメラ(PC関連)など沢山あり、常にどこかで買える状況にはあると思います。でも、逆にどこでも買えるという気持ちがあると、ついつい後回しにしてしまい買い忘れることも多くあります。 しかも、コンビニやキヨスクのように買いやすい場所にあるところは「新しいもの」しか置いていないので、買い忘れた雑誌を後追いで買うのが難しいのが現状です。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2005-07-20

会社に放置されていた本たち

仕事が一段落したので、ちらかったデスク回りを整理していたら、なぜか読了した本が3冊でてきました。 たぶん、通勤の行きで読み終わってしまい、持ち帰るのが億劫になり会社に置いていたまま忘れ去っていたものだと思われます。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-07-11

Web Designingを年間購読

毎月、毎月買いに行っていましたが、ちょっと面倒に感じてきたので、思い切って年間購読してみました。 これで買い忘れもなくなるし、なによりキャンペーン中だったので12ヶ月分の値段で13ヶ月分届くことがうれしいですね。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-07-02

角川文庫を2冊買うとブックカバーが必ずもらえるキャンペーン開催中

といっても、角川文庫のすべての文庫ではなく「'05夏の100冊」の中からの2冊となるようで、その100冊のラインナップはこちらになります。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-06-28

ジュンク堂池袋店が・・・

なんか似たような書きだしのタイトルが続きますが、気にせずいきます(笑) 一時学校に行っていたときは大宮で、いまは会社のある池袋(決して近くと言える距離じゃないけど)と何気にお世話になっている、ジュンク堂ですが、この6月1日から営業時間が延長され、夜の10時まで営業しているようです。

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2005-06-20

EM(エンバーミング)

Quoted from:

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2005-06-01

WebDesigningとNETWORKworld

WebDesigningは言わずもがなのWebデザインについての本で、NETWORKworldはそのままネットワーク構築についての本です。 パソコン、ネットとい言葉だけみれば近いような本ですが、中身は全くの別物というか、別世界のものです。まあ、共通点がはないとはいいませんが、あるとも言い切れません。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-05-17

あのヒット商品のナマ企画書が見たい!

久々に「ビジネス書」で面白い、というかためになった本です。 あのヒット商品のナマ企画書が見たい!戸田

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-04-27

思わず買ってしまった文庫以外の本

いつも本を読むのが電車のため、基本的に文庫を選択しているのですが、時々意味もなくハードカバーとか、単行本のように大き目のものを買ってしまい、通勤時に苦労してみたりします。 その意味のない衝動で最近は3冊も購入してしまったので、報告します(誰にだ?)

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-04-20

最近読んだ本たち

昨日のエントリーを書いてから思い出したように最近読んだ本をチェックしてみました。 柔らかな頬(上)・・・桐野夏生

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-04-19

感性は主体的に生きないと枯れる

かなりご無沙汰になっている読んだ本からの引用です(レビューはしてませんが、適度に読んでます)。 何ひとつ自分の頭で考えずに育ってしまうと、この「コツ」というものを把握できなくなってしまうのだ。感性というのは主体的に生きないと枯れるらしい

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-03-25

ストックフォルム症候群

ストックホルム症候群とは・・・ 「被害者が犯人に、必要以上の同情や連帯感、好意などをもってしまうこと」
続きを読む "ストックフォルム症候群"

Posted by yuji at Friday

Permalink | | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-03-03

記憶と記録

辞書によると 「記憶」が「過去に体験したことや覚えたことを、忘れずに心にとめておくこと。」で

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-02-24

ビジネスブログブック

ブログは個人の日記のツール、アフィリエイトに最適なツールという書籍が多い中、企業向けにブログの活用方法を前面にだしたものは初めてといってもよいのではないでしょうか。 内容的にも、オープン系(公開)、イントラ系(非公開)それぞれについてよくまとめられています。個人的にはイントラでの活用方法を探していたので、かなり参考になりました。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-01-29

五十嵐 貴久著の「TVJ」入手

このサイトにたまに書き込みを頂いている五十嵐貴久氏の新刊の「TVJ」をやっと入手しました(といっても特殊なルートではなく、普通に購入できます) 現在、読み途中の本があるので実際の感想は少し先になると思いますが、今までハズレの無かった著者だけに読むのが楽しみではあります。

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-01-24

邱永漢

今日の午前中に社長とちょっと話をしていてたら、以前仕事でお世話になった人として、作家・経済評論家・経営コンサルタントなどで有名な邱永漢 氏の名前が・・・

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-01-20

RSS入門を購入

Blogの基本的な仕組みには慣れてきたつもりなので、今度はこの本でRSSをちょっと勉強したいと思い ます。

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

[ BOOKS ]
2005-01-16

五十嵐貴久氏再び

以前にも何度か書き込みを頂いていた、作家の五十嵐貴久氏よりまた書き込みを貰いました。 土曜日(15日)の朝刊に新刊の広告がでていたので、気にはなっていましたが、まさか再び書き込みをいただけるとは思いませんでした。

Posted by yuji at Sunday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-01-14

探偵儀式

先日の黒鷺死体宅配便同様、大塚英志が原案・脚本を手がけていますが、原作はなんと、JDCシリーズを書いている清涼院流水となっています。 ので、登場人物がJDCシリーズにでてくる探偵だったり、多重人格探偵サイコに出てくる警官だったりと、目茶苦茶になっています。まあ、そのあたりも含めてお遊びとして読むには面白いのではと思います。

Posted by yuji at Friday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2005-01-13

黒鷺死体宅配便

多重人格探偵サイコの原作者である、大塚英志が原作というだけで買ってしまいましたが、中々どうして楽しめました。 黒鷺死体宅配便

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [0] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2004-12-07

スラムダンクの「1億冊ありがとうファイナル」

Quoted from:

Posted by yuji at Tuesday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2004-11-28

週末のまとめ買い

日ごろは中々書店に行けないので、週末にまとめて買ってしまう習性がついてしまっています。といっても今回はBOOKOFFですけど(笑) で、今回買ったのはこれ

Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [2] | Track Back [4]

[ BOOKS ]
2004-11-05

Fake −五十嵐貴久 著−

Fake五十嵐 貴久幻冬舎2004-09売り上げランキング 4,345おすすめ平均 さすがに面白い!傑作! 快作!ちょっと期待はずれAmazonで詳しく見るby

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [3] |

[ BOOKS ]
2004-10-29

ひとりで開業できる本

密かに独立なんてものを考えていたときに読んでいた本で、基本は個人で独立するSOHO向けに書かれている本ですが、Webがらみのプロジェクトを考えるときにも何気に役に立っているのでご紹介します。 仕事に取り組む姿勢とかは、会社にいようが一人だろうがそんなに変わらないと思います。

Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [0] | Track Back [1]

[ BOOKS ]
2004-10-25

サイバーエージェント、書評専門 Blog サイトを開設

Quoted from:

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2004-10-23

姉妹-Two Sisters-

姉妹―Two Sisters吉村

Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

[ BOOKS ]
2004-09-29

ブクログ

Jugemにロリポップと躍進めざましい、ペーパーボーイの家入社長がまたまたやってくれました。 今度はWeb上に自分の本棚を作れるという仕掛けの「ブクログ」。基本はAmazonアソシエイト

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | Comments [2] |

[ BOOKS ]
2004-09-09

リカ −五十嵐貴久 著−

リカ五十嵐

Posted by yuji at Thursday

Permalink | Comments [3] | Track Back [3]

[ BOOKS ]
2004-04-28

デスクトップをMac風にの続き

昨日ので、デスクトップのカスタマイズはほぼ終了していますが、さすがに何もないと使いにくい部分もあります。 ただそこは以前から使用していた「nLaunch」というソフトでリカバリーをしています。

Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved