ジャンクワードの森:2007年11月12日のエントリー

[ BOOKS ]
2007-11-12

千里眼美由紀の正体 上・下 松岡圭祐著

いつも以上にド派手な戦闘シーンがありますが、今回の見物は「あの岬美由紀の驚愕の過去」が明らかになるところ。

角川移籍後のシリーズでは岬美由紀の「弱さ」が強調されていた感じがありましたが、すべてはここへの流れだったようです。

もちろん、岬美由紀はそれ(あえて書きません)すら克服してより大きくなってますけど・・・

過去作品を読んでから読む方が話しがわかっていいかもしれませんが、この作品をスタートに過去に遡る読み方も面白いかもしれません。この辺はなぜか解説を書いている大塚英志さんも触れていますが、1つの作品としての完成度とシリーズとしての流れを持っている松岡作品の見所の1つだと思います。

千里眼美由紀の正体 上 (1) (角川文庫 ま 26-107)
千里眼美由紀の正体 上 (1) (角川文庫 ま 26-107)松岡 圭祐

角川書店 2007-09-25
売り上げランキング : 8185

おすすめ平均 star
starわけないほうがよかったかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
千里眼美由紀の正体 下 (3) (角川文庫 ま 26-108)
千里眼美由紀の正体 下 (3) (角川文庫 ま 26-108)松岡 圭祐

角川書店 2007-09-25
売り上げランキング : 8044

おすすめ平均 star
star上下を読み終えて
star『正体』というよりは『過去』
star今年はもう見納め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
松岡作品一覧


Posted by yuji at Monday

Permalink | |

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved