ジャンクワードの森:2004年08月30日のエントリー

2004-08-30

吝嗇

以前もどこかで見かけて気になった言葉なんですが・・・
吝嗇・・・りんしょくと読みます。意味は次の通りです。
広辞苑
過度に物惜しみをすること。また、そのさま。けち。「―な人」
なので、あまりいい意味で使われることはないですね。
ただ、最初は漢字が読めないし、意味もすぐに理解できなかったので印象に残ってました。まあ、普通の会話で登場することは稀だと思いますけど・・・

ちなみに、吝嗇が登場してたのはこの作品


ローズガーデン
桐野 夏生

おすすめ平均
村野ミロのショートストーリー
肌で読む
オレはミロの道具ではない

Amazonで詳しく見る4062737698


スピード感と微妙な心理描写は流石ですが、惜しいのは短編一つ一つの関連性が希薄なところかな。続けて読まず、別の物語として読めばいいかと思います。

Posted by yuji at Monday

Permalink | |

2004-08-30

「何のために?」

いつも拝見している、板倉雄一郎社長のBlogの中にこんな話がありました。

Quoted from: 板倉雄一郎事務所
重要なことは、何事も「何のため?」ということをしっかり意識することですよね。 それによって、必要のないことに時間とお金をかけずに済みますし、その分必要な部分に時間とお金とエネルギーの投資ができるというわけです。
基本は、投資関連のエッセイなので「投資」という言葉が出て行きますが、僕は投資に興味があまりない、というかそういう余裕がないので、あくまで「お話」として拝見しつつ、その中でビジネスで重要なところ(雇われであっても意識しなきゃいけないところ)があれば吸収しようと思っています。

この「何のために?」はですが、パソコンなどはできることは沢山ある、だけど、それを使って何ができるかというのをあまり考えていないというか、技術的に凄いことができればそれでいい、と勘違いしている場面が多いと感じでします。

パソコンで資料を作成したり、ネットで情報を検索したりすることが目的じゃなくて、それを利用して何をしていくのかが重要ではないでしょうか。



このサイトは目的もなくテキトーに書き綴っているだけですけど。

Posted by yuji at Monday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved