ジャンクワードの森:Matz x Dan x Daiji「エンジニア進化論」に行きました

2008-03-12

Matz x Dan x Daiji「エンジニア進化論」に行きました

3月11日に「てくらぼ」オープニングイベントとして開催された、Matz x Dan x Daiji「エンジニア進化論」に行きました。

このイベントの凄いところは、パネラーにRubyを開発したまつもとゆきひろさん、ブロガーでプログラマーの小飼弾さんが、仕切りにMovableTypeの日本語化などの開発をした平田大治さん、という超豪華メンバーが揃ったこと。

こんなメンバーが揃って、しかも無料とあってはエンジニアではない自分(小飼さんのいう広義のエンジニアではありますが・・・)でも聞かない理由がないので、仕事をさっさと切り上げて行きました。

また今回は、記録より記憶ということで記録装置(デジカメ&Xacti)は使わずに話に没頭させていただきました。でも、会場のUDX周りはちょっと撮影しました(笑)。
P1030082.JPG P1030081.JPG

で、イベントの方ですが、「○×質問」→個別ディスカッション、「参加者からの質問(事前依頼)」「会場からの質問」と進んでいきました。
詳細については世界を巡るFool on the webの美谷さんが上手くまとめてくださっているので、そちらをご覧ください。

残っているとるところでは
理系的思考があったほうが仕事には有利
理系的仕事→文系的仕事の流れはあるが、その逆はほとんどない。

理系、文系の分け方自体に議論の余地はありますが、ディスカッションの中では「再現性の圧力の違い」と表現されていました。再現性の圧力が高いのは理系。

アウトプットをしていくことが学んでいくことに繋がる
エンジニアが進化する上でブログは有用か。という質問への回答でしたが、アウトプットをすると必ず反応があるので、その反応を受け止め、租借することが大事ということです。
なお、ブログはあくまでもツールなので、ブログが絶対ではなくその時々に使えるものを使えばいいので、ブログにこだわる必要はない。ただしブログがあることで情報発信の敷居は低くなっていることは確か。

実はここで、まつもとさんがぼそっと言ったのが一番クリティカルだったのですが、それがこれ
「毎日、食べたものを書いても意味はないけど」
発信するからには意味のあるものを発信しなければならない。

最近記事数は多く書いていますが、内容のないものも多くあるのでホント反省です。


余談ですが、小飼さんが「人間がインプットできる量に比べ、アウトプットできる量が極端に少ない」と言ったの聞いて、この主人公が同じようなことを言っていて、アウトプットをしないことを思い出しました。


Posted by yuji at Wednesday

Permalink | |

このエントリーへのダイレクトリンク

<a href="http://wjw.boo.jp/blog/archives/001275.html" target="_blank">ジャンクワードの森:Matz x Dan x Daiji「エンジニア進化論」に行きました</a>

このエントリーのトラックバックURL

http://wjw.boo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1192

このエントリーへのトラックバック

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved