ジャンクワードの森:JR宇都宮線の架線切断事故は運転士の停止位置ミスが原因だった

2007-06-23

JR宇都宮線の架線切断事故は運転士の停止位置ミスが原因だった

昨日どっぷりと嵌ってしまったJR宇都宮線の架線切断事故の原因は運転士の停止位置ミスだったようです。

Quoted from: Yahoo!ニュース
さいたま市のJR宇都宮線大宮―さいたま新都心駅間で22日朝起きた架線切断事故は、運転士の停止位置ミスが原因で起きたことがJR東日本の調べで分かった。架線切断は、2本の架線が並行している「エアーセクション」と呼ばれる所で起きていた。本来の停止位置でないところに電車が止まったため、最後尾のパンタグラフがエアーセクション内にかかり架線との間で火花が出て、架線を焼き溶かしたとみられる。
エアーセクションという止まってはいけないところで止まってしまったのが原因のようですが、止まったことよりもそんな場所が存在すること自体が問題なような気がします。 1運転手の些細なミスで18万人以上にも影響がでるようなことはないようにしてもらいたいです。

また、この事故に関しては事故発生時の対応にも疑問が残りました。

事故発生時、自分は地元の駅で電車を待っていたのですが、1時間以上「調査中、詳細不明」のアナウンスしかなく、振り替え等は全くわからない状態でした。

その後1度は電車が動いたものの、複数入船できる駅に移動しただけで、再度停車。
どうするのかと思ったら下り電車に乗って振り替え駅まで行ってくれとのアナウンスで、結局戻ることに(振り替えは地元の駅のひとつ先)

無駄に集められた人たちであふれかえることになりました。

また、振り替え乗車券(微妙に違うかも)を配ってはいるものの、どこで配っているとか案内はなく、人の交通整理もできていないので、混乱が生じていました。
(乗車券を手にしても戻れなくなっている人も多数)

事故はないほうがいいのは当たり前ですが、起きてしまったときの対応をスムーズにしてくれると2次被害は少なくなると思います。

※夜の電車でも「ドア故障」が発生して、遅れましたけど・・・・


Posted by yuji at Saturday

Permalink | |

このエントリーへのダイレクトリンク

<a href="http://wjw.boo.jp/blog/archives/001014.html" target="_blank">ジャンクワードの森:JR宇都宮線の架線切断事故は運転士の停止位置ミスが原因だった</a>

このエントリーのトラックバックURL

http://wjw.boo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/931

このエントリーへのトラックバック

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved