ジャンクワードの森:ISDNとADSLとFTTH

2006-02-24

ISDNとADSLとFTTH

なにを今更と思いますが、この3つの違いについて会社の若い者が迷走していたので、整理のためにまとめてみました。

ISDN(Integrated Services Digital Network)
従来のアナログ回線ではなく、デジタル回線による通信サービスのこと。
通信速度は64Kbpsもしくは128Kbps

1回線の契約で2回線使えるといううたい文句で普及したと記憶してます。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
非対称デジタル回線と呼ばれ、アナログ回線の通話に使っていない周波数帯域を利用して、高速なインターネット接続ができる。
通信速度は下り50Mbps、上り5Mbpsぐらいが上限。

上り、下りの通信速度が違うので、非対称といわれている。あとデジタルとはいってもアナログ回線を使っているので(なんか矛盾してる)ノイズや基地局までの距離などの影響を受けやすい。
FTTH(Fiber To The Home)
光ファイバーによる家庭向けのデータ通信サービス。
通信速度は上り下りとも100Mbpsぐらいが上限。

上二つは既存の回線を利用しているが、光は新規に敷設する必要があるため開通までに時間、費用がかかる。 都心部での普及率は高いものの、地方にいくと申し込めない場所もまだまだある。また都心でも古いビルなど光ファイバーを引き込めない場合もあるので、問題がないわけではありませんね。
ADSL、光ファイバーの価格比較ならここを参考にしてください。
ブロードバンドプロバイダ料金比較
バナー 10000012


Posted by yuji at Friday

Permalink | Comments [2] | Track Back [0]

コメント

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

Posted by: モンクレール 新作 at 2012-11-11 06:23 PM
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

Posted by: ヴィトン バッグ at 2013-03-11 02:30 PM

コメントを書く

この情報を登録する

このエントリーへのダイレクトリンク

<a href="http://wjw.boo.jp/blog/archives/000719.html" target="_blank">ジャンクワードの森:ISDNとADSLとFTTH</a>

このエントリーのトラックバックURL

http://wjw.boo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/636

このエントリーへのトラックバック

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved