ジャンクワードの森:吝嗇

2004-08-30

吝嗇

以前もどこかで見かけて気になった言葉なんですが・・・
吝嗇・・・りんしょくと読みます。意味は次の通りです。
広辞苑
過度に物惜しみをすること。また、そのさま。けち。「―な人」
なので、あまりいい意味で使われることはないですね。
ただ、最初は漢字が読めないし、意味もすぐに理解できなかったので印象に残ってました。まあ、普通の会話で登場することは稀だと思いますけど・・・

ちなみに、吝嗇が登場してたのはこの作品


ローズガーデン
桐野 夏生

おすすめ平均
村野ミロのショートストーリー
肌で読む
オレはミロの道具ではない

Amazonで詳しく見る4062737698


スピード感と微妙な心理描写は流石ですが、惜しいのは短編一つ一つの関連性が希薄なところかな。続けて読まず、別の物語として読めばいいかと思います。


Posted by yuji at Monday

Permalink | |

このエントリーへのダイレクトリンク

<a href="http://wjw.boo.jp/blog/archives/000193.html" target="_blank">ジャンクワードの森:吝嗇</a>

このエントリーのトラックバックURL

http://wjw.boo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/155

このエントリーへのトラックバック

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved