ジャンクワードの森:木島日記

[ mono ]
2004-08-15

木島日記

秋の夜長・・じゃなかった夏休みのお供にもう一冊
といいながら続き物なので、多分二冊になると思われます。


木島日記
大塚 英志

おすすめ平均
もしかしたら・・・

Amazonで詳しく見る404873234X

昭和初期の民族文化を斜めにみるのが好きな方にオススメです(ってそんな奴いないか)
まあ、事実を少し掠めてオカルトちっくに仕上げた物語と(昭和初期の正しい事実っていうのが曖昧な所がポイントだったりします)

で、これの続き物はこちら


木島日記 乞丐相
大塚 英志

おすすめ平均
「良識」は無知から生まれる
現実と空想の境界線

Amazonで詳しく見る4048733273


とここまで、書いておいて木島日記のあとがきをみると作者の一言
最初に断っておくけれど、これはキャラクター小説であり、コミックのノベライズである。読者はその点を勘違いしないでほしい。・・・


大塚英志という作者の小説を書く手法云々は今回は触れませんが、コミックがあるけど個人的には小説の方が好きなので、小説だけ紹介をしておきます。


Posted by yuji at Sunday

Permalink | Comments [0] | Track Back [0]

コメント

コメントを書く

この情報を登録する

このエントリーへのダイレクトリンク

<a href="http://wjw.boo.jp/blog/archives/000175.html" target="_blank">ジャンクワードの森:木島日記</a>

このエントリーのトラックバックURL

http://wjw.boo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/139

このエントリーへのトラックバック

Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved